スポーツ

オリンピックマラソン2020札幌のボランティアの募集は?日程やコースを調査!

投稿日:

2020年東京オリンピのックの開催地が東京から札幌に変更することが決定しました!

東京オリンピック開幕までわずか10月しかありません。

オリンピック開催にボランティアの方々の支援は必須だと思いますが、開催地が札幌に変更となったことで、追加募集はあるのでしょうか?

早速、追加募集や日程・新しいマラソンコース(画像マップ付)についてリサーチしてみました!

ボランティアの追加募集・日程の情報

現時点でまだ追加募集はないようですが、今後あらたにボランティア募集があると予想されています。

過去のボランティア募集から今後の追加募集の流れについて予想してみました。

過去の募集について

東京2020組織委員会からのボランティア募集

東京2020組織委員会は、過去にボランティア募集をしていました。

募集条件】(個人)
①2002年(平成14年)4月1日以降に生まれた人
②活動期間中日本国籍を持っている、または日本に滞在する資格を持っている人。

ボランティア期間
2020年4月ごろから10日以上を基本。
※連続活動は5日以内
休憩込みで一日8時間程度

ゆきまる
80,000人名の募集だったよ

活動内容
①案内
②競技
③移動サポート
④アテンド
⑤運営サポート
⑥ヘルスケア
⑦テクノロジー
⑧メディア
⑨式典

札幌市からのボランティア募集

また、札幌ではサッカーの開催地となっているので、東京2020組織委員会とは別に、札幌市は公式サイトでボランティアの募集を行っていました。

ボランティア期間
2020年7月20日(月)~7月30日(木)のうち3日間
一日5時間程度

ゆきまる
400~600名の募集だったよ

募集条件】(個人・1グループ4名まで)
①2002年(平成14年)4月1日以降に生まれた人
②日本国籍のある人、日本に住む資格を持っている人
③日本語で簡単な会話(意思疎通)ができる人

活動内容
札幌市内の主要駅や新千歳空港、シャトルバス発着地等で国内外の旅行者への観光・交通案内。
札幌ドーム最寄り駅の地下鉄東豊線福住駅周辺での観光客への案内など。

追加募集の予想

過去の募集内容から、東京2020組織委員会・札幌市の両方からボランティアの追加募集があるかもしれませんが、大会開催まで時間がないことを考えると、事前準備も重要ですが開催直前・当日の大会運営に関することのボランティアが必要になると思います。

なので、特に札幌市からの追加募集がかかる&募集人数も前回同様に400~600名程度である可能性が高い!と予想しています。

早めに募集がかかると良いのですが、コースがいまだ白紙であったり、費用などなにも決まっていない状況なので、コースが確実に決定する12月以降からボランティアの募集が始まると考えられます。

マラソンの新コースは?

コースは、2019年12月にIOC理事会で決定されるそうです。

札幌では、過去に『北海道マラソン』と『札幌・豊平川市民マラソン』の二つのフルマラソン大会が開催されています。

IOC側は『札幌ドーム』をスタート&ゴールにする案を提示しており、北海道マラソンに似たコースになる可能性が有力候補だと予想されています。

引用元:札幌マラソンサイト

また情報が分かり次第、記事も更新していきます。

 

-スポーツ

Copyright© Yuki's BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.